工房 音絵夢ing

アクセスカウンタ

zoom RSS 避難所生活とボランティア

<<   作成日時 : 2018/02/24 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

災害が発生して時間が経過していくにつれ、被害状況などが徐々に明確になっていきます。
それと同時に、避難所での集団生活も軌道に乗り始め、避難所の運営も本格化します。
災害発生から時間が経ったとはいえ、被災した人の精神的なショックはいえることがありません。

大切な家族や知人を失った人、家屋や財産を失った人も多く、
このような災害のショックや悲しみを少しでもやわらげるのには、
それぞれの体験を話し合うことが肝心です。
災害のショックを個々の胸の内にしまっていると、後に病的な精神症状が表れる恐れもあり、
将来に向けた生活に意欲を見い出すことが出来ないからです。
そして、災害発生から数日が経過し、避難所の運営が本格化すると、
世話役となる住民のボランティアはもちろん、被災地以外からのボランティアの果たすべき役割が大きくなっていきます。

避難所の運営が徐々に本格化するにつれ、
災害のショックを抱えている被災者の精神的ストレスは、さらに大きくなっていきます。
集団生活のためにプライバシーを守ることが難しく、
また避難当初にはなかった新たな生活ニーズが次第に生まれてきます。
避難所での生活に慣れるにしたがって、日常の暮らしに少しでも近づきたいという思いが、自然にわいてきます。
たとえば、栄養バランスがとれた食事がしたい、お風呂に入りたい、洗濯したいなど。
これらは決して贅沢な要望ではありませんが、避難所生活ではこのような要望も簡単に実現できません。
また、災害の体験を話し合い、お互いに励ましあいたいと願う人もいます。
そのようななかで、同じ避難所に親しい知人がいないなどの理由から、
ほかの避難所へ移動したいという人も現れてきます。
このように避難所生活が長くなるにつれ、生活ニーズは多様化していきます。

避難所の運営が本格化してくると、被災地域の住民のボランティアだけではなく、
被災地以外の人が被災地に足を運んで救援活動を行うボランティアの力が必要になってきます。
避難所での活動だけでも、炊き出しや湯茶の提供、高齢者の話し相手、
子どもの遊び相手、物資の運搬や情報の貼り出しなど。
なかでも、話し相手になることは、大切な活動のひとつにあげられます。
災害の体験を聞いてあげることで、被災した人々の災害によるショックを徐々に和らげることにつながるからです。
また、避難所内に限らず、被災した人々の手助けになる活動も数多くあります。
被災地周辺の安全が確認されてくると、自宅の状況が心配になるとともに、
避難所生活で足りない日用品や衣類などを運び出したくなります。
自宅に簡単に戻ることができない被災者も多くいますので、
ボランティアが家具の移動や部屋の片づけ、荷物の運び出しを行うケースもあります。
このほかにも、各地から寄せられる救援物資の仕分けや配送、
高齢者や障害を持っている人の買い物や通院の付き添いなど、ボランティアの活動は多岐にわたります。
ボランティアの活動は、誰もがその気になれば参加できる活動であり、
被災地に出向いて、“必要な時に必要な人に必要な支援を行う”のがポイントです。

被災した人の状況はそれぞれ異なります。
肉親や知人を失った人、家や家財道具を失った人。
意外に明るい表情の人もいれば、暗い表情の人もいます。
隣近所であっても、被害が大きい人もいれば少ない人もいるなど、感情的にも複雑なものがあります。
そして被災した多くの人が、哀れみの視線を送られることに抵抗を覚えます。
行動や態度、言葉づかいには特に気をつけるよう心がけたいものです。
ボランティアはチームを組んで行動することになります。
特別な事情がない限り単独での行動は慎むとともに、常に安全な活動を行うことが基本です。
そして何より大切なのは、ボランティアからの一方的な押しつけ支援にならないこと。
ボランティアは被災者のサポーターであることを常に心がけ、
避難所などでも陰の存在に徹して、被災者のバックアップに努めることが大切かと思います。

次回も避難所生活とボランティアについて記載します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
避難所生活とボランティア 工房 音絵夢ing/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる